MENU

EPAの作用 2.血液のねばりをとる

血液は血管を流れて最終的に、直径わずか5ミクロン(1,000分の5ミリ)の毛細血管を流れながら組織の細胞に栄養や酸素を送り込んでいます。

 

血液は最初、ねばっこくなります。
そうなると、血液の流れが悪くlなります。

 

結果として、細胞に栄養や酸素を送り届ける事ができなくなります。
また心臓が拡張して血液を頑張って心臓に回収しようとしますが、上手くいかず、効率が悪くなって血圧が上がる、という事につながります。

 

血液のねばりが高まると血栓の形成にもつながります。

 

魚を多く食べる人たちとそうでない人たちは、どれぐらい血液の粘りに差があるのでしょうか?

 

青魚に多く入っているEPAを多く摂った人の方が、本当に血液のねばりが少ないのか、昔実験された事があります。

 

皮膚に針を差して、その部分から出た血がどれぐらいで止まるのか?

 

という実験がなされた事があるようです。

 

山村住民:平均2.50分
都市住民:平均3.92分
漁村住民:平均4.97分

 

魚の摂取量によって違いが出たそうです。

 

組織の中の毛細血管の血流が血液の粘りのために悪くなっておこる障害に対して、魚類を食べない人は、EPあを摂取して、障害を予防する事ができます。

 

イマークS 効果 口コミ