EPA 効果

MENU

EPAとは

アザラシやオットセイ、その他、サバ、サンマ、マグロなどに多く含まれている「エイコサペンタエン酸」という成分の事で、最近行われた国際動脈硬化シンポジウムで話題になり、急速に研究が進みました。

 

老化現象の物差しである動脈硬化の予防、老人ボケ、脳血栓、心筋梗塞の予防に役立つ魚由来の不飽和脂肪酸の事です。

 

どういった研究が行われたのでしょうか?

 

グリーンランドの北西部に住むエスキモー人は、肉食を多食する白人に比べて心筋梗塞や脳血栓老人ボケが極めて少ない事が知られていました。

 

そのことを免疫学的に永年調査していたデンマークの研究者らが、1975年ごろ、この調査結果を報告しました。
それから話題になり、エスキモー人がアザラシを常食している、ということがわかりました。

 

アザラシの肉に含まれているEPAという不飽和脂肪酸が有効である、ということを発見しました。

 

それにアザラシはイワシなどを常食としているため、イワシなどの青魚を調べたところ、やはりEPAが多く含まれていました。

 

漁業200海里水域が関係ない近海魚であるイワシ、サバにもEPAが入っています。

 

研究は、臨床実験まで一気に進みましたが、いざEPAを製剤化する段階になると、イワシを捕獲してから油をしぼったりする家庭では油は酸化されて過酸化脂質になり、生臭い魚臭を発する事を発見しました。

 

過酸化脂質を完全に除去する必要があり、当初は難しい状態でした。

 

酸化されやすい脂質ですから空気と交わらないように遮断する必要があり、抗酸化剤を使う必要があります。

 

現在は、EPAを取り出していろんなものに入っていますが、品質は様々です。

 

もし、EPAが入ったサプリメントを飲んでいて、カプセルを噛み潰した時、魚本来の味や臭みではなく、生臭い味やゲップが出るようなものは良質なものとは言えないため、辞めましょう。

 

 

イマークS 効果 口コミ