イマークS 効果 EPA

MENU

EPA・DHAという注目の成分

イマークSにはEPAとDHAという成分が配合されています。
どちらも「身体にいい成分」として注目のものですね。

 

EPAとはエイコサエンタペン酸という成分でイワシなどの青魚に多く含まれるオメガ3系多価不飽和脂肪酸の一種です。
難しく聞こえますが、要するに「青魚のサラサラ成分」ということですね。
体内で作ることのできない必須脂肪酸ということで、食事から採りいれるしかないものです。

 

EPAが注目を集めることになったのはイヌイットの人々がなぜ健康に過ごせるのかについての調査からだそうです。
極寒の地でアザラシの肉を主食とし、野菜を食べない食生活がどうして健康に影響がないのかがチェックされました。

 

その結果としてわかったことはアザラシの肉の秘密にありました。
アザラシは大量の魚を餌としています。
そのアザラシを主食にすることにより、イヌイットの人々は間接的に青魚のサラサラ成分であるEPAを大量に摂取することができているのだそうです。

 

EPAは血中の中性脂肪を低下させる作用があります。
もともとは人間が活動するために必要なエネルギー源です。
ところが、消費される量を超えて体内に貯めこんでしまうと今度は逆に健康にとって脅威の存在になります。

 

昔から欧米人に比べると青魚を食べる習慣が多かった日本人ですが、今は「魚よりも肉が好き」という人が多いのではないでしょうか。
「食生活の欧米化」ということで、以前に比べるとEPAの摂取量は減ってきていることになります。

 

血中の中性脂肪やコレステロール値に問題を抱える人が増えている場合は治療のひとつとして食生活の見直しが必要になります。
そういう場合にもイマークSのような商品は大きな味方になるでしょう。

 

イマークS 効果 口コミ