MENU

血糖値を安定させる朝食の3つのルールとは

<血糖値を上げない朝食3つの基本ルール>

 

朝食は抜かない

 

糖質オフの朝食をしっかり食べることは血糖値の上下動を抑制し、理想的な血糖値変動の状態をつくり出す。
糖尿病や動脈硬化の予防になるだけでなく、肥満の解消にもつながる。

 

タンパク質、脂質、食物繊維をしっかりとる

 

これらの栄養素は、糖摂取に伴う血糖値の上昇を抑制する働きがあるので、朝からたっぷり食べたい。
なかでも加齢とともに衰える筋肉を作るタンパク質は積極的にとろう。

 

最後に糖質を食べる

 

血糖値を上げない食べ方として食物繊維(野菜)とタンパク質(肉、魚)を先に食べ、最後に糖質(ご飯、パン、麺類)を食べるのがオススメ。
アンチエイジングにも効果あり。

 

血糖値の上下動が大きいと肌や体にダメージを与える

 

朝食を食べると、脳の働きが活発になり、集中力や記憶力が高まることから、朝食は3食のうちで最も大切な食事だと考えられています。

 

実は、血糖値をコントロールするうえでも朝食をしっかり食べることが非常に重要だとわかってきました。

 

血糖値は1日のうちで何度も変動します。

 

理想的な血糖値の変動は上下動が少なくフラットな状態が続くことです。

 

糖尿病などではない人も血糖値の上下動が大きいと、血管に負担がかかり動脈硬化が進みます。
また、血糖値の上昇は体の糖化反応(血液中の糖とタンパク質がくっついて細胞を劣化させる)を引き起こし、シワ・たるみなど肌の老化だけでなく腎機能の低下、骨粗しょう症、白内障、アルツハイマー病などの大きな原因になると言われています。

 

食後高血糖こそが糖化反応があるという考え方もあり、血糖値を上げないよう気をつけたいものです。

 

朝食をしっかり食べて理想の血糖値変動を作り出す

 

こうした観点から1日の血糖値変動と食事回数にはある程度関係があります。

 

しっかり3食食べている人は、血糖値変動が一番少ないのです。

 

つまり、朝食をしっかり食べることで血糖値の上下動が少ない理想の血糖値変動を作り出す事が出来ます。

 

その一方で3食を食べているグループの朝昼夜の食事量を比較すると、朝が一番少なく、夜が最も多く、昼はその中間の量でした。

 

朝は少ない糖質量でも血糖値を上げやすいと言われています。

 

1日の血糖値の上下動を少なくするためには、朝食は必ず食べたほうが良いのですが、少ない糖質量でも血糖値を上げてしまうので、次に掲げる3つの基本ルールをしっかり守り、朝食や夕食よりも血糖値を上げない事が大切です。

 

 

イマークS 効果 口コミ