MENU

EPAの効用 1.動脈硬化を予防する

人間は生まれてから確実に、老化に向かって進みます。
少しづつ動脈も効果を続けます。

 

この動脈硬化の速度が遅いか早い、それによって老人ボケしない、脳血栓が起きない、など長生きできるか、健康的な生活が送れるか、差が出てきます。

 

動脈硬化が一度進むと、もとのように軟らかい血管に戻すことはかなり難しくなります。
出来るだけ早めに対策をする事が望ましい。

 

 

そのため、動脈硬化はどういった経過でなってしまうのか、そこを改めて知る必要があります。

動脈硬化の初期段階とは

動脈壁は一番外側にある外膜と平滑筋からなる中膜、それに一番内側に内膜があり血液に接している部分に内皮細胞があります。

 

この内皮細胞が完全な状態で血管内部を保護している時はほとんど血小板はこの内皮に粘着することはありません。

 

ところがある何らかの理由で内皮細胞が剥離されるという変化がおこったとき、そこに血小板が付着してきます。

 

しかも、血小板の凝集能が異状に高まっているときは、その部分に血小板の凝塊が出来ることになり、その部分から血液中のコレステロールあるいはカルシウムのような動脈硬化を惹起する物質が血管壁の方に侵入することになってしまいます。

 

また付着した血小板の塊によって血液の流れは阻害されて血流は蛇行しなければなりません。

 

そもそもの動脈硬化初期促進因子というのはこのように内皮細胞が剥離されることから始まります。

 

いったいどのようなときに内皮細胞が剥離されまた血小板が凝集しやすいのか、その原因となるものが下記です。

 

・高血圧
動脈内の高圧による血液によって内皮細胞を剥ぎとってしまいます。

 

・遺伝
動脈の枝の分岐部の角度が遺伝すると言われて、鈍角である程度、血流による隔離が分岐部におこりやすい

 

・糖尿病
内皮細胞隔離部分に血小板凝集能が強くなる

 

・過酸化脂質
(肉類に多く含まれるアラキドン酸のような不飽和脂肪酸が酸化されて出来る過酸化脂質によって内皮細胞を化学的に剥離sる

 

・ストレス
ストレスが高まると副腎髄質からカテコールアミンが出て血小板の粘着性を高める

 

・肥満
肥満は糖尿病、高脂血症などとのかかわりが強く血液の粘着性と化粧板の粘着力が強くなる

 

こういった条件が揃うと、動脈硬化を引き起こす初期の促進因子で、それぞれの条件をしっかりと確認し、自分はならないように日々の生活を気をつけましょう。

動脈硬化が進んでいく過程

初期の促進因子ができたあと、どのように動脈硬化になっていくのでしょうか?

 

決して、カンタンにすぐ出来るようなメカニズムではありませんが、主たる要素をご紹介します。

 

・コレステロールの体内代謝

 

コレステロールはタンパク質と結合したりリポタンパクの形で血液に溶けており、悪玉LDL(コレステロール)が奥善玉HDL(コレステロール)が少ない場合、コレステロールは遊離されて置き去りになります。

 

そのままでは、酸化的重合が進行して硬化が起こってきます。

 

これを善玉HDLはLCAT酵素の力を借りてエステル化し抱き込んで遊離コレステロールを取り去る役目をします。

 

善玉HDLを増やし、悪玉LDLを減少させるのにEPAは役に立つので毎日摂取することがおすすめです。

 

・過酸化脂質とライソゾーム

 

体内に過酸化脂質が多くなると細胞膜や細胞内のライソゾーム膜または核膜などに膜損傷をおこし、そのため細胞からライソゾーム系の酸素の流出が起こります。
そのため細胞は死滅し、組織は溶解した状態になりこれがこのまま動脈内に留まったり、動脈壁で起こると、動脈硬化につながります。

 

・カルシウムの体内代謝

 

カルシウムは、成長期の子供には必要で、成長期が過ぎるとカルシウムは過剰になることが多く、動脈などに沈着して動脈硬化の原因になると考えられていました。

 

しかし、これは間違いである事が指摘されています。

 

カルシウムは摂取量が不足すると、血液中のカルシウム濃度を一定に保とうとして甲状腺の上皮小体からパラソルモンというホルモンを出して、骨のカルシウムを削りだして血中に持ちだそうとします。

 

血液の中まで持ちだしてくるだけならまだ良いのですが、パラソルモンが常に作用しているとカルシウムは徐々に南部の組織に移行し軽い、の分布異状が起こります。

 

特に動脈内皮細胞が剥離され血小板が凝集している部分から中膜である平骨筋の方へと侵入するようになります。

 

そこでカルシウムはタンパク質と結合してしまい、筋繊維は収縮し動脈硬化が成り立っていきます。
動脈壁の平滑筋にカルシウムが結合するのを見てカルシウムが過剰であるように考えていた時代がありましたが、それは反対でかえってカルシウムの摂取量が不足している程このような現象が起こることが理解できます。

 

老化が起こって軟部組織にカルシウムが沈着し、いかにもカルシウムが余っているように見えるそのような人の骨を見ると、逆に骨の中にはカルシウムは不足し骨粗しょう症などのように骨はボロボロになります。

 

この状態では、転ぶとすぐに骨折します。

 

誤解を招く理由の多くが、動脈硬化の予防、特に冠動脈硬化の予防にカルシウム拮抗剤を用いるので、カルシウムを摂取してはいけないと思ってしまいがちです。

 

これは、間違いです。

 

血液中のイオン状のカルシウムが動脈壁内に侵入することを拮抗するものであることを理解しておく必要があります。

 

いづれの場合でも血小板の凝集能が高まることや、血液の粘着度が高まると動脈硬化の原因になります。

 

そうなるとコレステロールの悪玉であるLDLを低下し、善玉であるHDLを増加させる必要があります。

 

そのため、出来る限り多くの青魚を食べましょう。

 

イマークS 効果 口コミ